スポンサーサイト

--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

お勧めです

2009

スポンサーサイト
 

成功したい人へ

2007
人は自分の夢を持っています。
でもその夢を具体的にするには何をしたらいいのでしょうか?
これから始まる物語は成功したいと思っている人にヒントを与えてくれるでしょう。

   人生とは、『メニューのないレストラン』のようなものだ」

一人の客がレストランに入っていくところを想像してみて下さい。

そして席に座って、テーブルの上に置いてあるカードを見て、その客は驚きます。


そのカードには、次のように書いてあるのです。

「当店にはメニューがありません」

客は戸惑います。
店員が声をかけてくれることを期待して、しばらく待ってみますが、声を
かけられる気配がありません。

その間、その客のテーブルに何かが運ばれてくることはなく、時間が経過していくばかりです。

ようやく「こっちからオーダーしないといけないんだな」と気づいた客は、
店員を呼んでオーダーします。

「なんか温かいものをお願いします」

店員は困った顔をしたまま厨房に行ってしまいました。

そして、いつまで待っても何も運ばれてきません。

それでもしばらく待っていると、ついに店員がやってきて、次のように言ってきたのです。

「お客様、制限時間になりました。申し訳ありませんが、お帰りいただけますか?」

客は、納得できない気持ちで質問します。
客 「この店には、制限時間があるのですか?」

店員「はい、そうです。制限時間がきたので、出ていただかなくてはいけません。」

客 「この店では、何を食べることができたのですか?」

店員「当店には、メニューがない代わりに、あらゆる食材をとりそろえています。
また、和食、中華、フレンチ、イタリアン他、あらゆるジャンルの一流料理人たちが厨房におります。
お客様が一番召し上がりたいものをオーダーしていただければ、それをお出しします。」

客 「一番食べたいものですって?」

店員「はいそうです。何と何を使った料理を、どんな味付けで召し上がり
たいかをおっしゃっていただければ、それをお出しします。もちろんお飲み物からデザートまで、
すべてオーダーしていただけばご用意します。」

客 「私は水すら出してもらってないのですよ。」

店員「オーダーされてないものはお出しできないのです。」

客 「温かいものをオーダーしたはずですが。

店員「オーダーは具体的にしていただかないと、料理人たちも、どんな料理を作ってよいかわかりません。」

客 「もう一度、入店することはできますか?」

店員「残念ながら、制限時間を使い果たされたので、入店していただくことはできません。
当店では、何をどのくらい召し上がっても料金は無料なのですが、その代わり制限時間があるのです。」

客 「・・・(涙)」


まさに人生とは、この「メニューのないレストラン」のようなものだとは思いませんか?

あらゆる食材と最高の料理人たちが用意されていても、オーダーしないと何も出てこないのです。
そして、オーダーは具体的でないと、料理にならないわけです。


次のような抽象的なオーダーでは、料理人たちも、どんな料理を出したらいいか、わからないんだと思います。

「ヤリガイのある仕事がしたい」
「収入を増やしたい」
「幸せな家庭を築きたい」


料理人たちの質問が聞こえてきそうです。

「ヤリガイのある仕事って、どんな仕事?」
「欲しい収入額はいくら?いつまでに増やしたい?」
「具体的にどんな家庭だったら幸せ?」

 

目標設定を明確に

2006
イチローの夢はプロ野球の選手になる事。
さてあなたは・・・今からでもおそくはありません目標設定をして一日一日がんばりましょう。
成し遂げることを紙に書いて貼っておきましょう。
そして毎日毎日思い描きましょう。
あなたの夢は実現できるでしょう。


           『ぼくの夢』

                愛知県西春日井郡とよなり小学校
                    6年2組   鈴木一郎 

 ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるためには練習が必要です。ぼくは、3歳のときから練習を始めています。3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが3年生のときから今では365日中360日は激しい練習をやっています。だから1週間中で友だちと遊べる時間は5~6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そしてその球団は中日ドラゴンズか西部ライオンズです。ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。
 ぼくが自信のあるのは投手か打撃です。去年の夏、ぼくたちは全国大会に行きました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO1選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうち、ホームラン3本を打ちました。そして、全体を通した打率は5割8部3厘でした。
 このように自分でも納得のいく成績でした。そしてぼくたちは、1年間負け知らずで野球ができました。だからこの調子でこれからも頑張ります。そして、ぼくが一流の選手になったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも『夢』のひとつです。とにかく1番大きな夢は、プロ野球選手になることです。
 

バックミラー

2006

「あのときこうしておけばよかった!」と毎日、後悔しています。
過去の自分ばかり見て、今この瞬間を楽しんでいません。
未来に思いを馳せていません。

「あのときこうしておけばよかった!」と毎日、後悔しています。

でも、過去は過去です。
過ぎ去ってしまったのです。
そのことをいつまでも悔やんでいても、過去は変えられません。

変えられるのは今の自分だけ。

今の自分が変われば未来も変わります。
今この瞬間が楽しい未来につながっています。
今この瞬間を、静かに燃える情熱で楽しみながら過ごしていけばいいんです。

過去のことを思っても仕方がない。
未来のことを必要以上に心配しても仕方がない。

人生は今この瞬間が、ただ連続しているだけなのですから!
 

マイケル・ジョーダンの言葉

2005
 \"EXPECT THINGS OF YOURSELF\"(自分自身に期待しろ) -

                     マイケル・ジョーダン


4年間控え選手をして故郷のガソリンスタンドで働くと思っていたよ。

皆の予想を越えることこそチャレンジ、それがモチベーション。

いつも失敗ばかりしていた。

世の中で最高の教育は、名人が仕事をしているところを見ることだ。

まずは小さくて短期的な目標をたて、

とりあえずそこに一歩一歩近づいていくようにした。

\"I can accept failure, but I can\'t accept not trying\"

(俺は失敗は受け入れられるが挑戦しないことは受け入れられない)

俺の辞書に「不可能」の文字はあるが「挑戦しない」という言葉はない。

永遠にダメだとは言ってない。今日がダメだったってことさ。

今日は明日じゃない。

勝ったのか負けたのか、それを言える人間は一人しかいない。

それは自分自身だ。

敗北から学ぶことは多いが、敗北に甘んじるつもりはない。

俺はこれまで9000本以上のシュートを外してきた。

これまで300試合近くに負けてきた。

人生で何度も何度も失敗してきた。

だからこそこうして成功しているんだ。

勝つためにしなければならないことがあれば、

俺はいつも絶対それができると信じている。

もちろん失敗することも少なくないが、

だけど失敗しそうだなんて考えることはない。

いつだってやるべきことは必ずできると信じているんだ。

運命よ、そこをどけ、俺が通る。

\"EXPECT THINGS OF YOURSELF\"(自分自身に期待しろ)


【マイケル・ジョーダン】

元NBAのスーパースターで神と呼ばれた男。

彼はハイスクールのときレギュラーからはずされた。

メンバーのウェア運びまでしていたとのこと。

悔し泣きしている彼に母親が

「いつまで泣いていても何も始まらない、

努力していれば必ず報われる日がくる」と元気づけたとい      う。

大きな夢も、小さな夢も夢は変わらない。変わるのは自分の心である。
夢の実現のためにみなさんがんばりましょうね!!
 

プロフィール

シモ

  • Author:シモ
  • 千葉県在住のシモです。

    たった一度しかない人生をでっかい夢と希望を抱いてがんばっています。
    趣味・特技: 写真、映画鑑賞、音楽鑑賞(ロック、ジャズなどなど)野球観戦、サッカーはジェフ千葉のファンです。
    夢に向かってレッゴー!!

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。