スポンサーサイト

--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

棟上式(建て前)

2009
9月28日〔月)は太陽サンサンの一日で久しぶりに汗をかいた日でした。
大安吉日棟上式を行なうには最高の日。
200909281453.jpg

建坪77坪。2世帯住宅。最近の仕事ではとても大きな仕事となりました。
ここ数年間で上棟式で餅やお金、お菓子など振舞う事がなくなり昔ながらの風習はあまり見られなくなりました。
この家では五色の旗と鶴亀の矢を飾りました。
弓矢は普通竹で作ります。鶴の矢がどっちで下か上かでもめることもあります(^^)
200909281538.jpg
棟梁が祝詞を上げお酒で乾杯し四方餅を投げると餅まきの始まりです。
私も拾ってきます。固い餅は当たると痛いのです。
約50人位の人が集まってきていましたね。みなさん手に大きなコメ袋を持って痛いのを我慢して大騒ぎでした。
200909281546.jpg
最後にお供え餅を投げるのですがけが人が出るくらいもめます。多くもんでいたほうがいいと言う人も居るのですが??
家を立ち上げるのに4日間繋りました。
登ったり降りたりで足腰がガタガタです^^
今日はお休みでぶらっと映画館に足を運び「20世紀少年」完結編を見てきました。
余談ですが、マイケルジャクソンの映画が後悔されるようです。是非お勧めですね。
ニュースで見るマイケルとは大違いで最高のエンターテーメントを見せてくれるでしょう。
私も予告編で見ただけですけどね(^^)!
骨休めの一日でした。
明日から屋根の上るので寝ます
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 記事
 

みんなにありがとうと伝えて。、ぼくは往きます

2007
asahi1220.jpg

2006年の12月の朝日新聞に小児ガンで亡くなった有国遊雲(15)君の記事が掲載されていました。
この記事を読んで涙しました。
07年の初頭から暗いニュースが流れています。
こんなに頑張っても生きられない人たちがいるのに、簡単に殺したり、自殺したりしてしまう、悲しいことですよね。

この記事を読んで改めて生きることの素晴らしさと 生きていることの素晴らしさを知らされたように思います。

「川が好き  川にうつった  空も好き」

健康ブログ「何においても健康は第一」
今回は「これ以上やってらガンになる」を掲載しています。
あなたは大丈夫?
http://simopi.blog52.fc2.com/
  • このエントリーのカテゴリ : 記事
 

頑張れニッポン!

2006
女子クロス5-8位決定戦で7位に入り、応援団に向かって手を振る藤森由香=バルドネッキア
20060217_705_450.jpg


藤森さんは凄くかわいいんですよね。
でもあのすべり凄かったですね。
スノボークロスと言う競技はスリリングで最高な競技です。
でも、日本はメダルに縁がないですね。
あそうそうジャンプは原田選手は選ばれなかったですね。
当然かな?私の後輩なんで出てこの前の屈辱を晴らしてほしかったんですが・・・
頑張れ!ニッポン!
  • このエントリーのカテゴリ : 記事
 

一夜が明けて・・・・

2006
P1010116.jpg

吹雪の一夜が明けたら・・・一面銀世界が・・・・
  • このエントリーのカテゴリ : 記事
 

善意の白い腕輪・・・・・?

2005
 ホワイトバンド貧困救済効果は“まっ白”

文字色
 近ごろ若者を中心に人気のシリコン製腕輪「ホワイトバンド」。世界の貧困を救うことを目指す「ほっとけない 世界のまずしさ」チャリティーキャンペーンの“象徴”として、すでに約200万個以上を出荷している。多くのタレントも身につけ、ちょっとした社会現象になっているが、売上金が直接的に貧困を救うわけではない。とっても複雑なホワイトバンドの中身とは。

 「えーっ、寄付されるんじゃないの?」「全額とはいかないまでも、ほとんどは貧しい国とかに寄付してるんだと思ってた」「寄付じゃないなら、(売上金は)どこへ流れているんですか?」

 都内で身につけた人たちの大半が、ホワイトバンドを善意の寄付行為と誤解していた。

 ホワイトバンド運動を主催する「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーン実行委員会委員の一人で、NGO団体「オルタモンド」事務局長の田中徹二氏は、運動の“趣旨”を説明する。

 「ホームページを見てもらえばよく分かるのですが、運動の趣旨は『お金ではなく、あなたの声をください。その声をあらわすホワイトバンドを身につけてください』。あくまで、『政策を変える』ことを目的とした活動なんです」

 ホワイトバンド運動は昨年9月、南アフリカ・ヨハネスブルクで生まれ、世界に広がった。日本では今年5月、約50団体のNGOが共同でキャンペーンを立ち上げ、7月から販売が開始された。

 サッカーの中田英寿さんや水泳の北島康介さん、女優の藤原紀香さんらが身につけ、指を鳴らすテレビCMも注目を浴び、人気が爆発。ファッションや流行として買っていく若者も多く、「500個以上入荷しても即完売してしまう」(大手書店)人気ぶりで、すでに200万個以上を出荷している。

 「3秒に子どもが1人死んでいる」との衝撃的なキャッチコピーは、チャリティーキャンペーンも連想させる。しかし、実際には売り上げが直接、貧しい国へ寄付される仕組みではない。それどころか、販売店や流通業者がある程度“もうかる”ようになっている。

 製作・販売、流通全般に携わっているPR会社「サニーサイドアップ」では、1個の値段(300円)のうち、原価や製作流通経費が7割を占めていると説明する。

 「フェアトレードの観点から中国や南アフリカなどにも、安価で発注していないため原価も高い。また、善意だけでなくビジネスとしてしっかりやってもらうため、流通コストもそれなりにかけている」(サ社)

 そして、残りの3割にあたる“収益”は寄付金ではなく、冒頭に田中氏が話すようにあくまで「政策誘導するNGOの活動費」となる。

 しかも、「キャンペーン実行委とホワイトバンド・プロジェクトで慎重な話し合いを重ねている」状態で、具体的使途についてはまだ決まっていないという。資金を得たNGOの活動が、どこまで貧困撲滅の政策誘導に効果を示すかもまったくの未知数だ。

 200万個の売り上げから単純計算しても、すでに2億円の“収益”となっているホワイトバンド。寄付行為ではない使われ方にも、今後は注目していく必要がありそうだ。


[産経新聞社:2005年09月22日 17時25分]

皆さんはどう思われますかね?
2億円と言われる収益は何処に行くのか?
  • このエントリーのカテゴリ : 記事
 

プロフィール

シモ

  • Author:シモ
  • 千葉県在住のシモです。

    たった一度しかない人生をでっかい夢と希望を抱いてがんばっています。
    趣味・特技: 写真、映画鑑賞、音楽鑑賞(ロック、ジャズなどなど)野球観戦、サッカーはジェフ千葉のファンです。
    夢に向かってレッゴー!!

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。