スポンサーサイト

--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

目標設定を明確に

2006
イチローの夢はプロ野球の選手になる事。
さてあなたは・・・今からでもおそくはありません目標設定をして一日一日がんばりましょう。
成し遂げることを紙に書いて貼っておきましょう。
そして毎日毎日思い描きましょう。
あなたの夢は実現できるでしょう。


           『ぼくの夢』

                愛知県西春日井郡とよなり小学校
                    6年2組   鈴木一郎 

 ぼくの夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるためには練習が必要です。ぼくは、3歳のときから練習を始めています。3歳から7歳までは半年くらいやっていましたが3年生のときから今では365日中360日は激しい練習をやっています。だから1週間中で友だちと遊べる時間は5~6時間です。そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロに入団するつもりです。そしてその球団は中日ドラゴンズか西部ライオンズです。ドラフト入団で契約金は1億円以上が目標です。
 ぼくが自信のあるのは投手か打撃です。去年の夏、ぼくたちは全国大会に行きました。そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会NO1選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうち、ホームラン3本を打ちました。そして、全体を通した打率は5割8部3厘でした。
 このように自分でも納得のいく成績でした。そしてぼくたちは、1年間負け知らずで野球ができました。だからこの調子でこれからも頑張ります。そして、ぼくが一流の選手になったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも『夢』のひとつです。とにかく1番大きな夢は、プロ野球選手になることです。
スポンサーサイト
 

ベースボール

2006
P2160089.jpg

14日マリン球場に行ってきました。
我がカープとマリンの交流試合です。
雨も上がり今日は勝つぞ!!!!P2160090.jpg

P2160091.jpg

マリンは営業に素晴らしいセンスをもっていると思いますね。
正面では、マリンガール??さんがウヨウヨいるんですよ・・・だら~~~
ステージではガムの膨らましゲームなどが・・・もちろんロッテガム!
大きさを競うゲームらしいです。P2160093.jpg

球場に入ると我がカープのブラウン監督が皆さんのサインに応じていましたね。
凄くハンサム!バレンタインさんよりね^^
P2160094.jpg

P2160095.jpg

雨も上がり日が差すお天気でお隣に座った方とお友達になれたしいい日でしたよ。
「試合結果は?」聞いておくれなましよ~~~
素晴らしかったのはお天気だけでした。
  • このエントリーのカテゴリ : 野球
 

雨に咲く花

2006
P2130085.jpg

毎日毎日雨が・・・・・
うっとしい日々が続く雨の中で我先にと花々の競演が行なわれる。
それを見るたびに私達を癒してくれる花達。
もっと綺麗に咲いておくれ、長く咲き誇っておくれ・・・・P2130083.jpg

P2130082.jpg

P2130081.jpg

ぼたん、さつき、つつじが庭で満開です。
  • このエントリーのカテゴリ : 
 

バックミラー

2006

「あのときこうしておけばよかった!」と毎日、後悔しています。
過去の自分ばかり見て、今この瞬間を楽しんでいません。
未来に思いを馳せていません。

「あのときこうしておけばよかった!」と毎日、後悔しています。

でも、過去は過去です。
過ぎ去ってしまったのです。
そのことをいつまでも悔やんでいても、過去は変えられません。

変えられるのは今の自分だけ。

今の自分が変われば未来も変わります。
今この瞬間が楽しい未来につながっています。
今この瞬間を、静かに燃える情熱で楽しみながら過ごしていけばいいんです。

過去のことを思っても仕方がない。
未来のことを必要以上に心配しても仕方がない。

人生は今この瞬間が、ただ連続しているだけなのですから!
 

子供の糖尿病が増えている

2006
最近、水の代わりに清涼飲料水などをがぶ飲みして、子供のうちから糖尿病を発症するケースが問題になっています。

  清涼飲料水、スナック菓子、ケーキ、アイスクリームなど砂糖を多く含む食品は、 アルコールと同じように高エネルギーの割には大切な栄養素がほとんど含まれて いないので「エンプティー・カロリー」(栄養素がほとんどないカロリー)の食品とよばれており、普段から取りすぎないよう注意しなくてはなりません。

私たち人類は太古の昔から、のどが渇いたら水を飲んできました。
そんな動物が代わりに砂糖水を飲むと、すぐにのどが渇き、また砂糖水が欲しくなるという悪循環に陥ります。
砂糖を取りすぎると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されますが、血液中にインスリンが増えすぎた状態が長く続くと、糖尿病をはじめいろいろな生活習慣病の引きがねになることが分かってきました。
           ≪子供の糖尿病急増≫

  疲れた時やイライラした時に、少量の砂糖をとると元気回復に役立ちますが、砂糖の取りすぎが慢性化すると、全身の血管をいためて、健康を蝕んでしまう 心配があるのです。

  南太平洋の孤島、ナウル島の住民は昔から漁業を営む生活をしており、力士並みに太っていても健康な人が多いことで有名でした。しかし、近年 島からリン鉱石が発掘され、世界でも有数の大金持ちの国になった結果、先祖伝来の漁業を放棄して、あまり体を動かす必要のない生活になって しまいました。

しかもアメリカの資本の導入でスーパーやファストフード店などが林立して、あっという間に欧米並みに脂肪と砂糖を取りすぎる食習慣が浸透してしまいました。その結果、糖尿病が急増してしまったのです。

  このように、昔ながらの生活様式があまりに急に変化してしまうと、体の方が ついていけず、生活習慣病が引き起こされてくると考えられています。
  ナウルほどではありませんが、日本でも昭和30年代に始まった高度成長時のわずか10年ほどで、生活様式が欧米式のライフスタイルへ急激に変化しました。

  便利な生活とひきかえに生活習慣病が急増したわけです。
健康長寿を考える上では、もう一度、先祖伝来の生活習慣を見直しみる ことも大切でしょう。
 

プロフィール

シモ

  • Author:シモ
  • 千葉県在住のシモです。

    たった一度しかない人生をでっかい夢と希望を抱いてがんばっています。
    趣味・特技: 写真、映画鑑賞、音楽鑑賞(ロック、ジャズなどなど)野球観戦、サッカーはジェフ千葉のファンです。
    夢に向かってレッゴー!!

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。