スポンサーサイト

--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ミリオネアー

2007

どちらが本物なんでしょうか??
あなたも挑戦してみてはいかがかな^^








*健康ブログ「何においても健康が第一」では「今話題の=経皮毒=の本を紹介またそれにまつわるシャンプーなどの情報を掲載しています。
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 映像
 

目標を持つ事は何でも可能にする

2007
私も今目標を持って仕事をしていますが、杉原輝雄プロの生きざまを
知って改めて凄い人たちが沢山いるんだな~と思いました。
先輩に負けないように自分に活をいれさらに頑張る決意をしました。

    
    生涯現役を貫く69歳、杉原輝雄の生き様を知れ。


69歳の杉原輝雄が元気だ。
 プロゴルフでは、50歳を過ぎるとシニアツアー(米国ではチャンピオンズツアー)という別のフィールドの大会が用意されている。だが69歳の杉原は、自分の息子よりも若い選手たちに混じって、レギュラーツアーで今も奮闘中だ。

 '98年、杉原は前立腺がんと診断された。

 「60歳を超えた私には、休んでいる暇はない。50歳なら手術をして1年間休んで、また試合に出るという選択肢もあっただろうけど……」

 杉原は手術をせずに治療を重ね、さらにこのときから過酷な加圧式トレーニングを始めた。自分がピンチのときに、さらに自分を追い詰めて乗り越える。実に杉原らしい生き方だと思う。

 伝説的なエピソードはいくつもある。

 真夏の最も暑い時間帯に、ゴルフ場で最も暑く、風も通らないホールへ行って打球練習をする。寒い冬も同じで、いつも最悪の条件で練習をする。

 誰もいなくなった練習場にキャディを座らせ、その手前に向けてボールを打つ。アプローチの話ではない。キャディがいるのは杉原から200ヤード以上先。ドライバーやフェアウェイウッドで打ったボールを、キャディは座ったまま手を差し伸べれば拾えた──つまり、それだけ杉原のボールは曲がらなかったのだ。

 この話は中部銀次郎さん(故人)から聞いた。中部さんは生涯アマチュアを貫きながら、プロトーナメントで優勝した実績を持つ、これまた伝説的な人物。その中部さんに「なぜプロにならなかったのか」と聞いたとき、返ってきた理由のひとつが、杉原の練習を見て「プロの生き方にショックを受けたから」だった。

 「職人芸」というに相応しい技術があるからこそ、69歳の杉原は今も現役でいられる。飛距離が最優先される今のトーナメントでは、杉原はドライバーで若い選手に60~80ヤードは置いていかれるはずだ。だが、その差をカバーできるだけの技術が杉原にはあるわけだ。

 僕は杉原に戦い続ける訳を訊ねたことがある。

 「金が欲しいんや」

 まるで子供のような笑顔でそう答えた。金を理由に挙げたのはもちろん照れ隠しだろう。70歳を目前にしてなお、勝利への貪欲な姿勢が杉原からは消えていない。
 

温暖化で日本の砂浜9割が消失、農漁業も影響…環境省

2007
温暖化で日本の砂浜9割が消失、農漁業も影響…環境省
 
地球温暖化が加速しているとの国連の報告書が2日、発表されたのに合わせ、環境省は同日、これまでの国内での調査研究結果をまとめた資料集を公表した。


 熱中症患者が増え、コメの収穫量は減少、砂浜の90%が消失――。温暖化がこのまま進んだ場合、日本でも国民の健康面をはじめ、農業など多方面で深刻な影響が生じることが改めて示された。

 国立環境研究所などの予測によると、今世紀末、日本では最高気温30度以上の真夏日の日数(2006年は東京で38日)が2~3倍に増える。エルニーニョ現象がより顕著になり、6~8月には豪雨になる頻度が増し、異常気象がますます深刻化する。

 その結果、コシヒカリの栽培では、苗をこれまでと同時期に植えた場合、気温の高まりで50年後に東北地方南部から南の多くの地域で、約10%収穫量が減る。生育も不十分となり、米粒が乳白色化して、品質が下がる。九州北部から中部の水田では、太陽熱で蒸発する水分量が増加、慢性的な水不足が予測される。

 ミカンの生産適地は北上し、冷涼な気候向きのトマトの糖度が下がる。

 健康へのリスクも高まる。1940年代に長崎、大阪などで流行したデング熱を媒介する蚊の一種ヒトスジシマカはすでに2005年、岩手、秋田県で確認されているが、その生息域が一層、北に広がる。最高気温が35度を超えると、熱中症患者の急増が予想される。

 国連の報告書は、世界中で海面上昇が発生すると予測しているが、仮に日本沿岸で海面が1メートル上昇した場合、砂浜の面積の90%が消失し、渡り鳥の餌場となっている干潟もなくなる。東京、大阪湾などでは高潮対策に7兆8000億円が必要になるなど、巨額の投資が必要になる。

 海水温が2度前後上昇しただけでも、サンマ、イワシ、サバなどの漁場が北上し、トラフグを養殖できる海域は縮小。大型クラゲによる被害がより拡大する恐れもある。

 こうした予測について、環境省研究調査室は「これだけ広範な影響が予測されたことに驚いている。地球温暖化を防ぐ努力はもちろん大切だが、温暖化が進んだ社会に適応することも考えていかなくてはならない」と話している。

度々度~~~~~~~~~~するのよ!!
とうとう人間が犯した罪の付けが来てしまったようだ。
勝手な人たちが多くなったもんナ・・・・・
「自分さえ良ければ他は関係ない」なんて思っている族がいるもんナ
ひ孫もっとその先までこの地球を残してやっるのが私たちの使命だもんナ。
でもどうなってしまうんだろう?
 

プロフィール

シモ

  • Author:シモ
  • 千葉県在住のシモです。

    たった一度しかない人生をでっかい夢と希望を抱いてがんばっています。
    趣味・特技: 写真、映画鑑賞、音楽鑑賞(ロック、ジャズなどなど)野球観戦、サッカーはジェフ千葉のファンです。
    夢に向かってレッゴー!!

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。