スポンサーサイト

--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

本当にあったペイ

2008
映画 「ペイ・フォワード」についてお話しする前に、ある本に書いてあった
話を先に紹介します。
この話は、北海道新聞に投書された話でもあります。


北海道のある町での話しです。

ある人が、乗車券を買って電車に乗ろうとした時に、財布がないことに
気づいたそうです。
そして駅員さんに「明日、支払いに行きますから、今日は乗せて下さい」
と頼んだそうですが、駅員さんは許してくれなかったとのこと。

すると、横にいた中年男性が、回数券をくれたそうです。

その中年男性に、お礼をしたいからと言って住所を尋ねたところ、
教えてくれなかったそうです。
「どうして教えてくれないのですか?」と質問すると、その中年男性は、
こう答えたそうです。

「実は、私もあなたと同じ目にあって、そばにいた女子高生にお金を出し
てもらったんです。お礼をしたいので住所を聞こうとしたら、こう言った
のです。
『おじさん、それは返してくれなくてけっこうです。おじさんが、お礼だ
といって私に返したら、私とおじさんだけの親切のやりとりになってしま
います。もし、私に返す気持ちがあるのでしたら、同じように困った人を
見かけたら、その人を助けてあげてください。そして、またその人にも、
困った人を助けるように教えてあげてください。そしたら、私の1つの親
切が、ずっと輪になって北海道中に広がります。そうするのが、私は一番
うれしいんです。』 と、私に話してくれたのです。」

(〔心ゆたかに生きる〕 林 覚乗 著、西日本新聞社 より)



これは、まさに映画「ペイ・フォワード」の話にそっくりです。

映画ペイ・フォワードの中で、11歳の少年トレバーは、社会科の教師に
「もし君たちが、世界を変えたいと思ったら、何をする?」と問われます。


トレバーが考えた末に思いついたのは、ペイ・フォワード(=次に渡そう)。
つまり、他人から受けた親切を、周りの人たちに贈っていくというものでし
た。

トレバーは、他人から受けた厚意をその相手に返すのではなく、新たな3人
の人にリレーしていくことを提案します。
そして、その輪が広がって、心に傷を持った周囲の大人たちを癒していき、
ついには世界に広がっていくのです、


さて、先ほどの北海道の女子高生は、映画「ペイ・フォワード」を見ていたの
でしょうか?

答えは「ノー」です。

なぜなら、映画ペイ・フォワードが制作されたのは2000年。
上記の話が紹介されている本「心ゆたかに生きる」は、1997年に発行されて
いるからです。


ペイ・フォワードのトレバー少年と同じアイデアを実行していた高校生が、
日本にいたんですね。


感動です!




スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類
 

ツナミ

2008








友達にすももさんという方がいます。
その方のブログに掲載されていた「ツナミ」
すものさんの今の心を映し出しているようです。
私も大好きで歌う歌の一つに入っている「ツナミ」本当にいい曲です。
名曲の一つといっても過言ではないでしょうね。
それでは、「ツナミ」をお聞きください。


  • このエントリーのカテゴリ : 音楽
 

故郷へ・3

2008

○一難を無事に乗越えて、手に持つ検査も無事通過。
(アメリカに行ったとき検査で靴まで脱がされて嫌な思いしたので少し緊張するんだな)
乗る飛行機は全日空とエアードゥの共同運航便・・・・小さい~~~これで揺れないで着くのかよ~~!??
メチャクチャ恐かった。気にしすぎの私であります^^
揺れもしないで快適な空のたびzzzzzzzzzzzzzアナウンスでもう着きます。
窓の下には屈斜路湖が広がっていました。来たぞ~~~女満別!!
さ!着いたはいいけど子供の頃可愛がってもらったおばさんが分かるか?どうか?(くるとき写真を引っ張り出して確かめたのだが~~~)小学校5年頃の写真だから変わっているだろうな~
分かるかな~??心配しながら出口を見ていると、二人連れの女性がいるんです。
あの人かな~?出口を出て思い切って「おんねさんですか?」
「おにいちゃん?分からなかったよ~」それもそのはず40何年ぶりだもんね。体型も顔も変わるもの。
おばさんも変わりようにビックリしていたようです。
昔ね、私お坊ちゃんお坊ちゃんしていたもんだから、その記憶があるんでしょうね。おにいちゃんと呼ばれていたんですよ^^
ま、変わってしまいましたが、会えました。
PA050014_convert_20081019111626.jpg
PA050013_convert_20081019111532.jpg
               =美幌峠から見る屈斜路湖=

おばさんのお友達の運転で、美幌峠、女満別の名所向日葵が一杯の旭が丘公園(展望台から360度見渡すと大パノラマが広がります。お勧めです)
PA050031_convert_20081019113734.jpg
PA050020_convert_20081019110540.jpg

                 =女満別道の駅=
PA050021_convert_20081019110642.jpg
            =道の駅では大きなかぼちゃが迎えてくれます=
PA050022.jpg
        =道の駅には北海道らしく鹿の角を利用した土産品が並んでいました=
PA050036_convert_20081019110441.jpg
                 
PA050035_convert_20081019114910.jpg
             =メルヘンの丘=

道の駅、メルヘンの丘(緩やかな丘に畑が連なり向くには青空に照らし出された4本くらいの木が立っているんです。これぞ北海道と言う感じかな)
PA050033_convert_20081015132507.jpg
           =朝日ヶ丘公園の夕陽=


女満別の町を一通り走っていただき案内をしてくれました。
女満別湖の辺に立つ湖南荘に宿を取っていただきました。
思い出の湖を見たとたん胸がキューっと痛くなりました。
夜は、唯一知っている同級生(いとこ同士みたいな関係だった人)のお店でおんねさんが、宴会を開いてくれました。
机に並ぶニシン、ホッケ、鍋物、女満別湖で取れた白魚の酢の物(なまでした。これは絶品です。今でしか食べられないとのこと)
飲んで食べて、昔話に花が咲き・・・もって行った集合写真を見て今どうしているのか聞きたかったのですが、「わからない?」
だって、自分も写っているのに、「何処にいる?」なんて聞くんだもの最後は「これ私!」ですからね!私は唖然ですよ(--)!
何から何まで変わってしまったのだからしょうがないよね。
一日目の時間は過ぎて行き、ドキドキして降り立った故郷は変わってしまいましたが、温かく迎えてくれたおばさんには感謝です。
おばさんの一言「おにいちやん、なんも変わってしまい浦島太郎だよね~」が耳に残ってとこにつきました。
明日は、自分の足で探索です。どうなってしましったかな~あそこは・・・・・・・・
  • このエントリーのカテゴリ : 旅行

タグ : 女満別

 

節目の旅

2008
今回、突然北海道の女満別へ行こうと思ったのか。
女満別で生まれて、小学校5年のとき札幌へ!
高校卒業して進学で神奈川・平塚そして千葉へと移り住んで59年が過ぎ去った。
来年で60の大台に乗る。今の仕事を引退して次の仕事へとチェンジする前に生まれ故郷に凄く帰りたくなった私がいました。
以前から消防ob会の旅行資金としてためていたお金があったのでそれを利用していくことに。
妻に私の生まれ故郷に行かないか?
妻の仕事の都合がつかなかったので、一人旅をすることに「行ってきていいよ」のサインが出たのです。
「今回は一人で、2年後あたりに私の故郷を見せてあげるね」
引く気の手配、女満別に泊まるホテルの予約、クリネオさんやとんさんに会うための連絡など、ワクワクする日がはじまったのです。
  • このエントリーのカテゴリ : 旅行

タグ : 女満別

 

今は秋・・・・夏が懐かしい

2008
永ちゃんの足跡だ~~~~~~~~~~~永ちゃん最高!!

 

プロフィール

シモ

  • Author:シモ
  • 千葉県在住のシモです。

    たった一度しかない人生をでっかい夢と希望を抱いてがんばっています。
    趣味・特技: 写真、映画鑑賞、音楽鑑賞(ロック、ジャズなどなど)野球観戦、サッカーはジェフ千葉のファンです。
    夢に向かってレッゴー!!

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。