スポンサーサイト

--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2006

         銀座、老舗美容院の事件


現実にあった出来事をご紹介します。よし子お婆さんは、家族そろって銀座の老舗 美容院にかよう、とてもオシャレな大奥様です。ある年、よし子お婆さんは、体調をくずして入院されました。入院しても、身だしなみは、いつもキチンとしていました。白髪が少し浮いたと言っては、すぐに染めに来られます。そのよし子お婆さんが、亡くなったのは、ヘアカラーをした翌日でした。担当した二四才の吉田君は、とても気にしていました。もしかして、ヘアカラーのせいなのか…。2週間ほどして、奥様がお見えになりました。吉田君は、胸をしめつけられる思いで、奥様の言葉を待ちます。
『亡くなる前に、キレイにして頂いて、本当にありがとうございました』
『…あ、いえ…お役に立てて良かったです…』
吉田君の胸のうちは、とても複雑でした。実は、こんな話は美容業界では、よくあることです。だからこそ吉田君も、とても気にしたのです。ほとんどの美容師さんが、直接、間接的にこんな話を知っています。
それほどパーマやカラーのあとで、倒れたり、亡くなる人は少なくないと言います。ご紹介した よし子お婆さんの話は、実話です。今回の場合も、亡くなった理由がヘアカラーかどうかは定かではありません。よくあることが、また、起きただけです。


        イメージ・チェンジしたの?

新しい季節にあわせて、髪を新色に染め、軽くウェーブ。友だちや家族、職場の仲間からの反応に、思わず口元がほころびます。でもその反面、あなたが美容室で過ごしている間にこのカラー剤、頭皮にヒリヒリしみるけど、大丈夫かな?このパーマ剤、すごい臭いだけど、大丈夫かな?美容室から帰って数日、数週間のあいだシャワーのときや、雨が降ったとき、汗をかいたとき、特に髪が濡れると、薬品の臭いが気になるわ。
◆しばらく体調がすぐれないのは、どうして?


        農薬と比べてみたら…

パーマ剤、カラー剤。最近ではスーパーでも、カンタンに手にはいるようになりました。それが【スプーン一杯で死に至る可能性がある】とは、おだやかではありません。どのくらいの毒性があるのでしょう。インターネットで誰でも簡単に調べることができます。ある『除草剤』と比べてみます。この『除草剤』を飲んだ人のうち、半数が死にいたる量は、700㏄です。700㏄は、死のうと思ってもカンタンには飲める量ではありません。ただ、死ぬまで至らなくても、そうとう苦しむことになりますが…。この【除草剤】、使うときは500倍から1000倍に希釈するのがふつうです。一㍑の【除草剤】を、500リットルの水に入れて使います。もちろん、たとえ500倍に薄めても、日本人なら散布するときに、素手でさわるようなことはしません。必ずゴム手袋を使います。さらに防毒マスクをして、雨ガッパを着るのが当たり前です。それほど恐いという認識があります。


       強烈だったパーマ剤カラー剤

そこでさっきの週刊誌の記事を、もう一度思い出してください。『ヘアカラー剤やパーマ液は毒性が強く、スプーン一杯で死に至る可能性がある』 というものです。スプーン一杯とは、小さじだと5㏄。さっきの【除草剤】が700㏄で致死量です。つまり、5㏄のパーマ剤カラー剤と、700㏄の除草剤とが、同じ毒性というわけです。除草剤より、パーマ剤カラー剤の方が、140倍も毒性が強いことになります。本当かどうか調べてみましょう。ヴァイタル家庭医学事典というホームページから引用します。
『パーマ液、第一液ではアルカリによる粘膜の障害、第二液では臭素酸塩により下痢、腎不全、意識障害をおこすことがあります。毛染液は、パラフェニレンジアミンや界面活性剤を含んでおり、粘膜障害、肝障害、ショックなどをおこします。致死量は20ミリリットルくらいです』
5㏄ではありませんが、20㏄ほどが致死量です。ヤクルト一本が36㏄ですから、その半分ほどが致死量です。確かに子供や、体力のない人なら、スプーン一杯でもかなり危険かもしれません。


      恐いのは美容室だけではなかった

恐いのは美容室の薬品だけではありません。ご家庭でお使いの多くのシャンプー剤トリートメント剤も同じように危険性があります。それは、合成界面活性剤が含まれているからです。これは、タンパク変性作用といって、ヒフを溶かして、血管の中にまで成分が入ってしまうためです。これでは、頭皮も髪の毛も傷んでしまいます。いっとき髪がサラサラになるように見えるものもありますが、あれは、髪の毛をシリコンでコーティングしているだけです。コーティングされた髪の毛は、呼吸できなくなります。そうすると、脳に酸素を補給することができません。『髪の毛が脳に酸素を補給するってどういうこと?』髪の毛のキューティクルが鱗状になっていることがその証拠だと、指摘する専門家がいます。

普段何気なく使っているものをもう一度、チェックしてみましょう。

      お問い合わせはこちらからです。
   e-mail simo@jp.bigplanet.com

健康情報 http://simonoffice.jp.epharmanex.com
美容情報 http://simonoffice.jp.nubeauty.com
お買い物 http://simonoffice.jp.mybpmall.com
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

Comment

私も、パーマをやめました。 やはり正解でしたネ~
何でも、ありのままが一番って事(*^-^)

こんにちは~~~。
私のアトピーが悪化したのも、実は、やっとこ伸びてきた髪にオシャレしたくて染めた頃でした。美容院に行ったときには既に湿疹は出てて「アトピーが出始めてるので、なるべく皮膚に薬がつかないように」なんていったのを覚えてるから、染髪がキッカケというわけではなかったのですが、そんな状態で髪染めたら、アッカさせるのはわかってたんですけどね~~。
そんなに毒のあるものだったとは・・・。
でも、気分転換がしたかったんだ~!
上の方、色落ちてきちゃったけど、しばらくはガマンするか・・・(笑)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

シモ

  • Author:シモ
  • 千葉県在住のシモです。

    たった一度しかない人生をでっかい夢と希望を抱いてがんばっています。
    趣味・特技: 写真、映画鑑賞、音楽鑑賞(ロック、ジャズなどなど)野球観戦、サッカーはジェフ千葉のファンです。
    夢に向かってレッゴー!!

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。