スポンサーサイト

--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

協力のお願いです

2007
main.gif



千葉県千葉市在住の瀬川美由起さん(46歳)は3年前、特定疾患指定の難病「拡張型心筋症」と診断され、いずれは「心臓移植」を受けないと助からないと宣告されました。
美由起さんは、これまで内科的治療を続けてきましたが今年の3月、症状が突然悪化して日本大学医学部附属板橋病院で、補助人工心臓を装着致しました。すでに心臓移植以外に救命できません。
それでも二人の子供達のために生きようと、真剣に病と闘っております。日本国内での心臓移植は年間数例しかなく、国内での移植はとても望めません。
幸いにも、関係者の方のご尽力により、この度、漸く移植手術のためにドイツ・バードユーンハウゼン心臓病センターに受け入れていただくことが決まりました。しかし、海外での移植手術は保険が適用されないため、医療費の他、渡航費や滞在費などを含む9,350万円という個人ではとても負担できない額が必要となりました。美由起さんを救うため、皆様におすがりする状況をご理解いただきまして、何卒、温かいご協力、ご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いします。

    (募金のお願い) 現在達成額 992,808円
瀬川美由起さんの病気「拡張型心筋症とはこんな病気です。

          拡張型心筋症とは

心筋(心臓の筋肉)の収縮が低下することにより、心室が著しく拡大してしまう病気である。
多くの場合心筋がとても薄くなり、心臓のポンプ機能が落ちることで様々な障害が出る。不整脈がおこり、進行すると血栓・塞栓症などがおこって脳などにつまり言語障害、神経障害をおこし、心不全により突然死にいたることがある。
原因は、遺伝、ウイルス感染症、免疫異常、全身性疾患、代謝性疾患など複数の病因が考えられている。
現在、有効な治療法は心臓移植しかなく、国内でも移植手術は可能だが提供される臓器の数が極めて少ないところから、すぐに心臓移植手術が必要な、末期の拡張型心筋症患者のすべてを救命することは極めて困難である。

「美由起さんを救う会」のホームページはこちらからお進みください。http://homepage3.nifty.com/miyukisan/
スポンサーサイト
  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

Comment

なかちゃん本当にありがとうございます。
妹さんも若い頃他界したということですが、妹さんの無念さ分かります。
悔しかったでしょうね。
美由起さんも喜ぶことでしょう。
大きな善意の輪が広がればいいですね。

この三連休中に、読みましたので 遅くなりましたが、昨日お昼にやっと、郵便局へ行って微力ながら、
協力させて頂きました。

私の妹も若い時 美由紀さんとは 病名は違いますが、
小学1年生と幼稚園の入園前の子供を残して、
他界しました。本人もさぞ、辛かったと思いますが、
私も悲しい思いをしました。

美由紀さんにも、何とか 頑張って!! と声を大にして応援したい気持ちでいっぱいです。
私からも 皆様に、協力お願いしますネ~


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

シモ

  • Author:シモ
  • 千葉県在住のシモです。

    たった一度しかない人生をでっかい夢と希望を抱いてがんばっています。
    趣味・特技: 写真、映画鑑賞、音楽鑑賞(ロック、ジャズなどなど)野球観戦、サッカーはジェフ千葉のファンです。
    夢に向かってレッゴー!!

ツイッター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。